異なる費用

工事の足場

エレベーターは様々な建物の中に設置されています。高層な建物であればあるほど、その役割は大変大きいですし、便利なものです。しかし、便利なものである反面、エレベーターによる事故なども大きな被害を受ける事故となります。 建物内に設置しているエレベーターですが、エレベーター業者によりサービスなどが異なってきます。業者が設置者に連絡をし、点検を定期的にしているかで安全安心にエレベーターを利用できるかが決まってきます。まずエレベーターは、建築基準法により1年に1度は点検を受ける義務があり、その結果を自治体に報告することが定められています。また、1カ月に1度の任意点検を工夫して受けると、安心に使用できることができます。

サービス会社としては事件事故を防ぐためには定期的な任意点検を勧めている所が多いです。 現在検査をする人の中に、国家資格である昇降機検査資格者という人がいるかが注目されてきます。昇降機に関わる知識や電気機械などに関する詳細な技術などを持ち合わせているため、これらの資格者が検査を行うかが着目されています。 また、サービス会社は事故に備え、賠償責任保険などに加入しているかなどです。事件事故などが起こりやすい機械であるため、サービス会社がそのような保険加入がされているかも大切です。